グッドドクター

 

 

夏期ドラマもそろそろ最終回へ向けて、話が展開してきている頃ですよね。

 

視聴率も毎回好調の医療系ヒューマンドラマ「グッド・ドクター」も、様々な謎の解明と、新たな問題が見えてきて、クライマックスへと進んでいます。

 

さて、今回の記事ではそんなグッドドクター7話のあらすじと、感想を紹介していきます!

 

よければ最後まで見ていってくださいね♪

スポンサーリンク

 

ドラマ「グッド・ドクター」の第7話のあらすじと感想!

あらすじ

 

司賀院長がステージ4の胃がんであると書かれた診断書を手にし、更に理事長は、

小児外科を失くして新事業を展開して病院を再構築する案を進める決意をするという、湊を取り巻く環境が大きく動きそうな予感のする6話のクライマックスでした。

 

原作と一味違った部分も見えてきたドラマ「グッド・ドクター」

 

一体7話ではどのような話が動いていくのでしょうか?

 

 

グッドドクター7話のあらすじは?ネタバレあり!

あらすじ

 

湊の兄の死後、父親にも捨てられた湊を見守り続けてきた司賀が、ステージ4の進行性の胃がんであることが分かりました。

 

この事実は、湊はまだ知りませんが、今回の第7話で理事長と高山は、院長ががんではないのかと知ることになります。

 

高山に院長は、病院の継続が不可能になり、院長に何かあった場合に湊を頼むと伝えます。

 

7話の中では、院長に実際に症状が出ている姿は見られませんでしたが、今後そういった場面に湊が遭遇してしまうこともありますよね。

 

 

また、小児外科を無くして改革していくことを決めた理事長は、高山との交際を続けられないと別れを切り出しました。

 

高山は小児外科を守ることを伝え、お互い好き同士ではありますが、病院の改革のためには対立した考えを持つことになります。

 

副院長の思惑に乗る形となってしまった理事長が果たして、小児外科を無くすという考えを継続するのでしょうか。

メインストーリーは過去に担当していた菜々子

風船

 

そして、今回のメインのストーリーに出てくるのは、夏美が過去に担当し、小児病棟に入院していた菜々子(福田麻由子)

 

職場の同僚である健太郎(藤原季節)にプロポーズされ、自分の病状を伝える決意をして夏美を訪ねます。

 

しかし、結婚、出産を夢見る菜々子の前に再び病魔が襲います。

 

病院

 

以前摘出した片方の卵巣、そして今回更に卵巣に奇形腫が出来ていることが分かり、摘出術をしなければならない状況に、母と共に困惑し、フィアンセである健太郎も子どもを望んでいる自分と、菜々子の病状に悩んでいました。

 

手術中、菜々子の腫瘍は病理から悪性であると伝えられたため、卵巣は全摘することになりました。

 

ただ、健太郎は手術の前日、湊が自分のもとを訪れて、「菜々子さんを医者が治すことはできない、

菜々子さんを治してあげられることが出来るのは健太郎だけ」と言われ、自身が菜々子さんのことを愛しているという気持ちに、どんな状況であれ変わりないことに気付かされます。

 

更に、湊は術中に排卵直前の卵胞を見つけ、卵巣を摘出するまえに保存することが出来ました。

 

これは、体外受精の可能性への望みとなります。

 

このことは、中島が必死に卵子凍結保存の症例を文献から探していたからだと、湊は言い、今まで距離のあった中島との距離も縮まっていくのかな・・・という様子を見せていました。

スポンサーリンク

 

最後のシーンでは、夏美と湊がいつもの居酒屋でご飯を共にするシーンでしたが、湊のピュアな発言の中に胸がきゅっとなる恋愛とはどういうものなのか、考えようとしているような部分が見られました。

 

夏美に対する感情や、夏美が湊へ抱く感情が恋愛へと近づくことも有るのでしょうか?

 

グッドドクター7話に対する感想や反響は?

感想

 

私自身、毎回メインストーリーを観て感動しない回は無いです。

 

珍しい症例に湊が患者にかける言葉によって患者自身や、家族が向き合う姿は、考えさせられるシーンばかり。

 

特に、今回の7話では悪性の卵性腫瘍によって両方の卵巣を失うことになってしまう婚約中の女性が出てきますが、女性にとって結婚、妊娠、出産といった大切な瞬間に現れた病魔という難しい問題をまえに、お互いの気持ちを想い合い絆を深めていく姿に、涙があふれました。

 

サイドストーリーも、院長が高山に対して湊のことを頼んでいるシーン。

 

そして成長していく湊を見つめながら高山が院長の言葉を回想するシーンは、これから湊に待ち受ける、乗り越えなければならない運命も、皆と力を合わせて乗り越えていくのかなと、思わせてくれました。

 

グッドドクター7話のあらすじ感想まとめをふりかえってみて!

グッドドクター

 

今回の記事では、グッドドクター7話のあらすじ感想まとめを紹介していきました!

 

第7話では、院長の病状を高山や理事長が知ることになり、更に病院の改革はこのまま小児外科を無くす方向で進んでいくのかというサイドストーリーにも注目でしたね。

 

これからクライマックスへ向けて、湊にどんな試練が待ち受けているのか気になります。

 

次回第8話も楽しみに待ちましょう!

 

もう一度視聴したい!見逃した!という方のために・・・

グッドドクターの無料動画を視聴するにはFODがオススメ!

 

それでは最後までありがとうございました!

スポンサーリンク