健康で文化的な最低限度の生活

 

 

2018年8月28日(火)夜9時からフジテレビで放送された、健康で文化的な最低限度の生活7話。

 

今回は主人公えみるの同僚、栗橋千奈の話です。

 

人の気持ちがなかなか分からないところが欠点の千奈は、中林吉徳という識字障害の人を担当することになります。

 

しかし、人の気持ちが分からない千奈にとって、中林の気持ちになることが出来ませんでした。

 

ここからどうなっていくのでしょうか?

 

 

今回の記事ではそんな健康で文化的な最低限度の生活のあらすじや感想、評価をまとめてみました!

 

 

よければ最後まで見ていってくださいね♪

スポンサーリンク

 

健康で文化的な最低限度の生活7話のあらすじ!ネタバレあり!

あらすじ

 

新人の中では、出来のいいケースワーカーとして言われてきた千奈は頭脳明晰。

 

しかし、千奈には人の気持ちを理解することが出来ず、笑うことを苦手としていました。

 

そんな千奈とは正反対のえみるに対し、ずっとコンプレックスを抱いていたのです。

 

千奈には、頭を悩ませる利用者を担当していたのですが、その人物が中林吉徳。

 

妹を亡くして以来、働く意欲が全く感じられないと言います。

 

 

働かないのなら税金の無駄遣いだと判断した千奈は、中林に生活保護の打ち切りを通告します。

 

しかし、えみるは中林から識字障害だと聞き、それを言った千奈は、顔には出さないもののひどく落ち込むのでした。

 

千奈は識字障害について猛勉強し、中林の障がい者手帳の取得を可能にした上で、誓いのある就労先を見つけるために動き回ることを考えます。

 

しかし、肝心の中林とはあまりかみ合っていませんでした。

 

また、えみるが担当をした阿久沢は、娘の麻里と暮らすことになるのですが、どうなるのでしょうか?

 

健康で文化的な最低限度の生活7話の感想!

感想

 

今回の最低で文化的な最低限度な生活では、栗崎千奈にスポットライトが当たったストーリーでした。

 

人の前で中々笑うことが出来ない。

 

これが千奈にとってコンプレックスになっていました。

 

そんな千奈にとって、中林の存在はすごく大きなものでしたね。

 

始めは生活保護を打ち切ろうとしていましたが、識字障害の存在に気づいてからは、気持ちが変わり、生活保護が打ち切られることはなくなりました。

 

人の気持ちを理解することが出来ない千奈でしたが、千奈なりに識字障害について勉強するなど、バイタリティに溢れた行動をします。

 

本当は、しっかりと人の優しさに気づいてあげることが出来る人なんだなと思いました。

 

最初は、千奈と中林がお互いに気持ちが通じ合っておらず、担当を外されてしまいますが、最終的には、中林は字の勉強をし、仕事も決まります。

 

そして、千奈も笑えるようになれて良かったですね♪

スポンサーリンク

 

健康で文化的な最低限度の生活7話の評価!

評価

 

今回の健康で文化的な最低限度の生活では、視聴率がアップしてきました。

 

そして、個のドラマのストーリーの中で、一番ほのぼのとしたストーリーだったようにも感じます。

 

受給者だけではなく、ケースワーカーも一人の人間

 

お互いに足りないものを補い、成長していく様を感じることが出来た7話だったと思います。

 

不器用な柄にも一生懸命に努力している姿に心を打たれた人は多いようです。

 

千奈に交換を持っている意見が圧倒的に多いことも分かります。

 

健康で文化的な最低限度の生活7話のまとめ!

健康で文化的な最低限度な生活

 

今回の記事では健康で文化的な最低限度の生活7話の、あらすじや感想を紹介していきました!

 

個人的にはこのドラマの中で一番ほのぼのとさせられました。

 

最後には2人ともプラスな方向へ向かうことが出来、良かったですね。

 

不器用ながらにも一生懸命行動する千奈が最高です!

 

健康で文化的な最低限度の生活8話も見逃せません。

 

受給者と向き合うことで共に成長していく、新人ケースワーカーの次の展開はどうなるのでしょうか?

 

もう一度見たい!見逃した!という方のために・・・

健康で文化的な最低限度の生活の動画を無料で視聴する方法を紹介!

 

それでは最後までありがとうございました!

スポンサーリンク