グッドドクター

 

ドラマ「グッド・ドクター」も最終話までああと残り8話を入れて3回となりました。

 

毎回高視聴率をたたき出していることから、フジテレビ木曜ドラマ異例の9話、最終話の2回連続15分拡大版での放送も決定したそうです!

 

さて、今回の第8話でもまた、湊そして理事長や間宮科長の心境も少しずつ変わっていく様子が見られました。

 

9話と最終話へとつながる重要なシーンは出てきたのでしょうか、また、湊におとずれた今回の試練とは一体どのようなものだったのでしょうか。

 

あらすじと、視聴者の感想と合わせて観ていきましょう!

 

よければ最後まで見ていってくださいね♪

スポンサーリンク

 

グッド・ドクター8話のあらすじと感想

感想

 

7話の終わりでは、今までなかなか湊のことを理解できないでいた中島とも、湊が素直に相手の素晴らしい部分を認める姿に少しずつ距離を縮めた部分が見えました。

 

今回の第8話では、ついにあの間宮科長とも分かりあえるシーンや、高山がオペに入る湊に対して応援ともとれる指導の声を送るなど、小児外科チームに湊が馴染みはじめている様子が見られます。

 

詳しいあらすじはどのような内容となっているのでしょうか。

 

病院の事業立て直しの計画はどうなる?

 

司賀院長の病状について触れたシーンは?8話のあらすじは?

1人

 

グッドドクター7話までで気になるのは、今後東郷記念病院には経営難から脱するために小児外科部門を廃止し、新たな事業の展開が進んでいこうとしています。

 

8話でこの問題に関する動きはあったのでしょうか。

 

大きく動く場面は見受けられませんでしたが、理事長の心は小児外科部門を廃止することに対し、院長や高山の想い、そして湊たち小児外科部門のスタッフたちの奮闘しながら小さな命を日々助けている姿を目の当たりにすることで、頭を悩ませている様子が見えます。

 

また、部長クラスの地位を副院長に約束されていた間宮科長もふたを開けてみると、そういった構想が見られず、副院長に問いただします。

 

返ってきた答えは、「優秀な人材を集めた結果ですよ。」と言い、いわばハメられた形となり自暴自棄になり、新体制への不信感を募らせることでしょう。

 

更に、6話で明らかとなった司賀院長のがんについての話や体調の変化等を映し出すシーンは今回の8話では見られませんでした。

 

 

そして、8話のあらすじとしては病児とその家族の絆を描くストーリーがメインとなっていました。

 

他病院での診断に納得のいかなかった患者・早見陽翔の母・香織は、高山の診断に賛同し、長男の翔太を連れて引っ越しして治療をお願いすることを決めました。

 

しかし、陽翔の看病と翔太の新しい環境での生活を心配しながらの生活は、心身ともに疲れ果てており、ついにはアパートの階段から転倒して陽翔の入院する病院に緊急搬送されます。

 

その頃、陽翔は夏美と湊に外出許可を願い出ます。

 

翔太からすると、香織は陽翔の看病疲れで倒れ、怪我までしてしまい、それでもそれを隠して陽翔の看病をする母に対してももどかしい気持ちを持ち、更に外出許可を強く願い出る陽翔は何も分かっていないわがままだと苛立ち、ついに弟に対して声を荒げて病室から出て行ってしまいます。

怒り

 

湊にとって、トゲトゲしい反抗的な態度が理解できません。

 

しかし、それは湊がどこかで翔太は陽翔のことを心配していないはずはないということを信じ続けられる理由でした。

 

実は、陽翔が外出にこだわり続ける理由には、毎年家族みんなで観に行っていた花火を観たい、家族が自分のせいでバラバラになっていることを悟っていたから。

 

家族のために外出したいという気持ちの強さから、吐血している症状を隠していました。

 

夏美と高山は、陽翔の所見から、吐血などの自覚症状がないことはおかしいと気づき、陽翔の部屋から血が付いたティッシュなどが出てこないかどうか探しているところで、トイレで陽翔が吐血しているところを湊が発見し、そのまま緊急手術となります。

 

ただ、担当医である高山は手術中で、湊は、過去に陽翔の事を助けられるかもしれない術式の経験がある間宮科長にお願いします。

 

無事手術は成功し、湊が手術を行うことを電話で連絡したことでかけつけた翔太も自分自身が陽翔を家族として心配していることを改めて実感し、陽翔の望む外出をなんとか叶えられないか夏美や湊に相談。

 

そして、病院の屋上での花火を許可され久しぶりに家族水入らずの時間を過ごした一家の笑顔に湊達小児外科チームも微笑ましく思い、その姿をたまたま通りがかった理事長が見かけますが、どのような気持ちだったのでしょうか。

スポンサーリンク

 

グッドドクター感想!湊がついに医療では治すことのできない恋を理解する予感?

赤い糸

 

グッドドクターの原作版である韓国では湊と夏美は恋に落ちるストーリーが描かれています。

 

日本版と韓国版では、ドラマ自体の回数も違ってきますので、日本版では今回こういった部分は描かれないのかな・・・というのが、私の予想でした

 

第8話の冒頭では、湊が担当している伊代の恋愛につき合う姿が映し出され、「好きだから声をかけられない」「恥ずかしい」といった感情が理解できずにいるようです。

 

しかし、今回最後の湊と夏美が線香花火を2人で一緒にするシーン。

 

夏美を見つめる湊の顔は、もしかしてこれが姉が話していた恋なのかと感じ始めているような表情にも見受けられました。

 

残り2話となりましたが、最後の最後で湊が夏美へ恋愛感情を持っているのかどうかが明らかになるシーンがあるのでしょうか。

 

そういった部分も楽しみですね。

グッドドクター8話を観た視聴者の感想と反応は?

スマートフォン

 

今回の8話では、病院の新しい構想に対する動きや院長の病状を伝える様子等は大きくみられませんでしたが、私としては、病児の兄弟をリアルに描いているストーリーに見入ってしまいました。

 

病気を抱えている患者本人も、いくら子どもとはいえ、自分の体のことよりも家族のことを心配することが出来ます。

 

そしてまた、どんなに自分自身が寂しい思いをしてもその兄弟も病児である家族を大切に思うんですよね。

 

そういった患者と家族の繊細な気持ちに、気づくことが出来る湊のピュアでまっすぐな心。

 

そして回を追うごとに小児外科チームの空気を良くしている気がして、ドラマでありながらなんだかこっちまでほっとしてしまう、ドラマの世界に入り込ませてくれるストーリーと演者の演技が素晴らしいなと感じます。

 

視聴者の8話に対する反応はどのようなものが多いのでしょうか。

 

 

グッドドクター8話のあらすじ感想まとめをふりかえってみて!

グッドドクター

 

今回の記事では、グッドドクター8話のあらすじ感想まとめを紹介していきました!

 

次回の第9話、最終話は2回連続15分拡大版!

 

それだけ今夏のドラマの中でもドラマ「グッド・ドクター」が注目されているということですよね。

 

次回9話では、なんだか副院長と小児外科チームが関わる出来事が起きるような予告がありましたが、このことが最終回にどのようにつながってくるのか楽しみですね。

 

もう一度見たい!見逃した!という方のために・・・

グッドドクターの無料動画を視聴するにはFODがオススメ!

 

それでは最後までありがとうございました!

スポンサーリンク