台風

 

2018最強と言われた台風21号が去ったと思った矢先、台風22号が発生しましたね。

 

しかも今回の台風22号は21号と同じ、またはそれ以上の勢力があると言われています。

 

では一体台風22号2018の最新進路はどうなっているのでしょうか?

 

米軍基地とヨーロッパの進路予想も合わせて紹介していきます!

 

よければ最後まで見ていってくださいね。

 

台風22号2018の最新進路は?

 

まずは日本の大手ニュースサイト、ウェザニュースで台風22号2018の最新進路を見ていきましょう。

 

台風22号2018情報(9月10日3時現在)

 

強さ 強い
進行方向 西

速さ

35㎞/h
中心気圧 955hpa
最大風速 40m/s
最大瞬間風速 60/s
※勢力 猛烈

 

台風22号は時速35キロで西へ進んでいます。

 

 

※ちなみに台風は、以下の風速によって勢力の呼び方が変わっています。

 

勢力/呼び方 最大風速
特になし 33m/s(64ノット)未満

強い

33m/s(64ノット)以上 54m/s(85ノット)未満
非常に強い

44m/s(85ノット)以上 54m/s(105ノット)未満

猛烈な

54m/s(105ノット)以上

 

以前発生した台風21号の勢力も「猛烈」となっていたので、今回の台風22号が日本に上陸したら被害が深刻なものになることが予想されます。

 

 

台風22号2018米軍基地の進路予想は?

台風22号 米軍予想

 

 

上の画像が米軍基地が予想した台風22号の進路予想です。

 

21日21時から円を徐々に大きくしながら西に進んでいっているのが分かりますね。

 

画像だけ見ると、グアムの上を通り台湾方向に向かっていますが、予報円自体が大きくとられているので今後進路が変わっていく可能性もあります。

 

なので、今後も最新情報をチェックしていく必要がありますね。

スポンサーリンク

 

台風22号2018のヨーロッパの進路予想は?

台風22号 ヨーロッパ 進路予想

 

続いてヨーロッパ中期予報センターが発表している台風22号の進路予想図です。

 

進路予想図を見る限り、台風22号が9月11日に日本に現れ、そのまま西に移動するのが分かりますね。

 

基本的に米軍基地と変わらない進路予想ですので、今後進路が変わっていくことも考えたほうがいいかもしれません。

 

台風22号の名前や特徴は?

 

台風が発生するたび、独特な名前から話題になっていますが今回の台風22号の名前はマンクット(Mangkhut)。

 

マンクットとは、タイ語でマンゴスチンという果物の名前のようです。

 

マンゴスチン

 

マンゴスチンは東南アジアの果物の女王と呼ばれていて、甘酸っぱいなのが特徴。

 

好きな方も多いのではないでしょうか?

 

ただ、果物と台風は全くの別物なので、十分に注意してください。

 

台風22号2018の最新進路は?米軍とヨーロッパの進路もふりかえってみて!

台風

今回の記事では、2018年に発生した台風22号の最新進路、米軍基地とヨーロッパの進路予想図を紹介していきました。

 

西日本に記録的な大雨が発生し、台風21号が発生。

 

そして北海道に大地震が発生し、避難生活もままならない中での台風22号・・・

 

今年の災害の多さは本当に驚きを隠せないですね…

 

 

台風22号が直撃しないことを祈ることが一番ですが、万が一直撃したことを考えて出張や旅行などに行かれる方は、常に最新情報をキャッチしておいてください。

 

それでは最後までありがとうございました!

スポンサーリンク