義母と娘のブルース

 

9月4日に義母と娘のブルース8話が放送されましたね。

 

閉店に追い込まれたかと思ったベーカリー麦田でしたが、亜希子と先代の支え、そして麦田自身の改心により、無事に再生に向けて動き出しました。

 

その側では、麦田や亜希子の波に乗るように、みゆきも未来を見据えたいきいきした表情に変わり、亜希子が本当に伝えたかったことを理解したようでしたね♪

 

 

さて、そんな8話でしたが、今回は撮影で使用されたロケ地を紹介していきます!

 

よければ最後まで見ていってくださいね。

 

 

8話撮影場所ロケ地・ベーカリー麦田

錠と鍵の専門店まるよし

 

麦田章が店主として経営しているパン屋は、錠と鍵の専門店まるよし。

 

(住所:東京都大田区北千束1-62-3)

 

大岡山北口商店街にあるお店で、現在は閉業されているそうです。

 

跡地を撮影場所として使用しているのですね。

 

8話撮影場所ロケ地・麦田の通っていた幼稚園

 

麦田がモテモテ人生を回想した時の舞台となった幼稚園は、学校法人白井学院・おおば白ゆり幼稚園

 

(住所:神奈川県横浜市青葉区大場町231)

 

園庭の遊具はどれもカラフルなものばかりで、麦田が遊んでいる砂場も敷き詰められている色鮮やかなタイルが印象的ですね。

 

場所を近くして、同じ法人のあざみ野白ゆり幼稚園(住所:神奈川県横浜市青葉区大場町596)もあるそうですよ。

 

8話撮影場所ロケ地・図書館

 

みゆきと大樹が勉強する図書館は、神奈川工科大学の付属図書館。

 

(住所:神奈川県厚木市下荻野1030)

 

学部は工学部、創造工学部、応用バイオ科学部、情報学部、看護学部の5学部が設置されています。

 

看護学部は2015年4月より新設されたそうです。

 

 

ドラマの中では、別々の高校に通うみゆきと大樹が利用しているため、おそらく区の図書館という設定だと思います。

 

こんなに綺麗な図書館なら勉強がはかどり、毎日通いたくなってしまいますね。

 

8話撮影場所ロケ地・図書館亜希子が訪れたパン屋

 

ベーカリー麦田の再生に向けて色々なパンを分析するため、亜希子がパンを買い求めに立ち寄ったパン屋さんは、リヨンクローバー雑色店

 

(住所:東京都大田区仲六郷2丁目14-5)

 

ドラマの中では「福徳堂」と店名が変えられて登場していました。

 

試食の際には下山さんが一押しのパン屋さんとして紹介されていましたよ。

 

Twitterでも目撃情報が多数あげられていました。

 

 

 

ちなみに、7話で亜希子が偵察に行った近所のパン屋さんは、リヨンクローバー雑色店の系列店であるリヨン夢工房中延店でした。

 

8話撮影場所ロケ地・麦田の父親が住む場所の最寄り駅

南甲府

 

亜希子が麦田の父である先代から秘伝のレシピを借りに訪れたのは、山梨県にある南甲府駅

 

(住所:山梨県甲府市南口町1-36)

 

東海旅客鉄道(JR東海)の身延線にある駅です。

 

ドラマ内でもそのまま「南甲府駅」として登場していましたよ。

 

Twitterでも目撃情報がありました。

 

8話撮影場所ロケ地・日比谷神社

 

亜希子がベーカリー麦田の繁盛を願い訪れたのは日比谷神社

 

(住所:東京都港区東新橋2丁目1-1)

 

汐留駅・新橋駅から徒歩で5分ほどの距離にある町中の神社です。

 

ドラマ内でも、実際の「日比谷神社」のまま、登場していました。

 

1話では良一も日比谷神社でお参りをしていましたね。

 

 

8話撮影場所ロケ地・PLAZA

PLAZA汐留シオサイト

 

みゆきがアイディアを考えている最中に友達と訪れたPLAZAは、PLAZA汐留シオサイト店

 

(住所:東京都港区東新橋1-5-25地先 地下店舗)

 

PLAZA汐留シオサイト店の公式Twitterでも情報が載せられていましたよ。

 

8話撮影場所ロケ地・下山不動産

 

下山不動産の撮影場所は、大岡山北口商店街にある、株式会社大岡山運送。

 

下山不動産の撮影場所は、大岡山北口商店街にある、株式会社大岡山運送

 

(住所:東京都大田区北千束1丁目39−1)

 

調べてみると、既に閉業されたそうなので、その場所をドラマの撮影で使用したのですね。

 

 

ちなみに、ドラマの中での住所は上千束3丁目2となっていたので、住所を少し似せているようです。

 

8話撮影場所ロケ地・みゆきと亜希子が訪れた商店街

 

みゆきと亜希子が楽しいアイディアを探しにデートした商店街は、下北沢東会・あずま通り商店街

 

(問い合わせ先住所:東京都世田谷区北沢2-7-10)

 

二人はその商店街で様々な楽しいアイディアを見つけていきます。

じゃんけんに勝ったら一杯無料のお店

ざこや

 

最初に見つけたお店の看板があるのは、ざこや

 

(住所:東京都世田谷区北沢2-9-21)

 

1968年に創業された、家庭料理をメインメニューとした、大衆居酒屋です。

 

実際にHPを見てみると、定番家庭料理に少しアレンジを加えた創作料理風のメニューがずらり。

 

店外にも座席があるようですから、匂いにつられ、つい入ってしまいそうですね♪

あっち向いてほいに勝ったら一杯無料のお店

下北沢Barキネマ倶楽部

 

次に見つけた看板は、下北沢Barキネマ倶楽部

 

(住所:東京都世田谷区北沢2丁目9−21−2F)。

 

ドラマでは「ざこや」と同じように居酒屋の店頭のような雰囲気で出てきていましたが、実際のキネマ倶楽部は映画好きが通うバーとして営業しています。

 

外観はもちろん、店内もレトロでどこか不思議な雰囲気のお店です。

 

8話撮影場所ロケ地・スーパーマーケット

日進ワールドデリカテッセン

 

みゆきと亜希子が楽しいアイディアを探しに訪れたスーパーマーケットは、日進ワールドデリカテッセン

 

(住所:東京都南区東麻布2-32-13)

 

ハム製品でお馴染みの日進ハムが出店している輸入食材のスーパーマーケットです。

 

1Fには駐車場と、ガーデニングショップが、2Fには主にワインを取り扱っているお酒コーナーがあります。

 

3Fが食材のメインのフロアとなっており、肉類はもちろん、果物・野菜、乳製品、パン、パスタ、お菓子など様々な種類の輸入製品が並びます。

 

 

2017年8月に放送された「夜の巷を徘徊する」では、マツコ・デラックスさんが訪れ、ハムやワインなどの食品をたくさん購入されたそうですよ。

 

 

ドラマでは、このスーパーの野菜コーナーで、みゆきは変わった形のセクシー人参を見つけて、「これだ!」と何やらひらめいた様子でした。

 

みゆきと亜希子の後ろの棚には「FROZEN VEGETABLES 野菜 FROZEN FRUITS フルーツ」の文字がありますから、店舗画像と同じ場所で撮影されたようですね。

 

8話撮影場所ロケ地・リフォーム店

リクシル

 

亜希子は麦田の父にもらった5万円でテントを張り替えますが、閉店ぎりぎりまで素材や色を選んでいたお店「exsior」は、おそらくLIXILではないかと思われます。

 

撮影協力地に名前が載っていましたので間違いないとは思いますが、どこの店舗で撮影されたものかは調べきれませんでした。

 

義母と娘のブルース8話の撮影場所はロケ地をふりかえってみて!

 

今回の記事では、義母と娘のブルース8話の撮影場所はロケ地を紹介していきました!

 

今回も様々なロケ地で撮影が行われていたようですね。

 

今回のドラマでは、スーパーマーケット、そして第二章からはパン屋さんが多く登場しています。

 

ベーカリー麦田は物語の核となる場所なので同じ撮影地ですが、

 

それ以外のスーパーマーケットやパン屋さんは、それぞれ決まった1カ所のみで撮影が行われているのではなく、撮影の度に新しい場所が使用されています。

 

特にスーパーについては、「いつも決まった場所でのお買い物」でも良いような気はしますが、シーンにぴったりの場所を見つけ出しての撮影!なのでしょうね。

 

いつも違う場所が出てくるので、スーパーが出てくると、今回はどこだ?と見てしまうようになりました笑

 

もう一度見たい!見逃した!という方のために・・・

義母と娘のブルースを見逃した!無料で動画を視聴できる方法を紹介!

 

それでは最後までありがとうございました!