義母と娘のブルース

 

9月18(火)に義母と娘のブルース最終回が放送されましたね。

 

ついに第一志望校合格!と思いきや、なぜか落ちたと嘘をつくみゆき。

 

一波乱ありましたが、亜希子の底知れぬ愛を感じたみゆきは、母・亜希子の背中を優しく押し、亜希子もそれに応えるのでした。

 

溢れるほどにいっぱいの愛を胸に、亜希子とみゆきは別々の道を歩み始めました。

 

 

さて、そんな最終回でしたが、今回はロケ地を紹介します!

 

良ければ最後まで見ていってくださいね。

スポンサーリンク

 

最終話撮影場所ロケ地・ベーカリー麦田

錠と鍵の専門店まるよし

 

麦田章が店主として経営しているパン屋は、錠と鍵の専門店まるよし。

 

(住所:東京都大田区北千束1-62-3)

 

大岡山北口商店街にあるお店で、現在は閉業されているそうです。

 

テントがオレンジに張り替えられたことで、元のお店とはまた違う雰囲気となっていますね。

 

リニューアル後は、先代から受け継がれたオレンジの上に、麦田の色として水色のラインが付け足されていましたね。

 

最終話撮影場所ロケ地・プロポーズの場所

天王州アイル・第二水辺広場

 

麦田が亜希子にプロポーズをした場所は、天王州アイル・第二水辺広場

 

(場所:東京都品川区東品川2丁目)

 

奥に見えるのは天王州ふれあい橋で、この周辺は夜景デートスポットとしても人気のようですね。

 

ドラマでは木にもライトアップされておりとても幻想的な雰囲気。

 

ちなみに、2話で麦田が「奇石の花屋」で花の販売をしていた場所の一つが天王洲アイル周辺でしたよ。

 

最終話撮影場所ロケ地・良一と手をつないだ回想

日本大通り

 

亜希子と良一が初デートの帰りに手をつないで歩いた道は、日本大通り

 

(住所:神奈川県横浜市中区日本大通)

 

横浜地方裁判所の前の通りです。

 

最終話撮影場所ロケ地・1回目・明法大学入試会場

東京農工大学府中キャンパス

 

みゆきが第一志望大学として受験した明法大学は、東京農工大学府中キャンパス

 

(住所:東京都府中市幸町3-5-8)

 

本部は府中市晴見町にあり、府中キャンパスには農学部、農学府、連合農学研究科、FSセンター、動物医療センター、大学教育センター、府中図書館、遺伝子実験施設、楓寮、府中国際交流会館があります。

 

小金井市中町には小金井キャンパスもあり、そちらには工学部、工学府、生物システム応用科学府、技術経営研究科、小金井図書館、先端産学連携研究推進センター、機器分析センター、 総合情報メディアセンター、小金井国際交流会館、国際センター、科学博物館、欅寮があるそうです。

 

東京農工大学は、外観のみが使用されていました。

 

最終話撮影場所ロケ地・喫茶店

喫茶まりも 新丸子店

 

亜希子が良一の元上司・笠原や大樹と待ち合わせた喫茶店は、喫茶まりも 新丸子店

 

(住所:神奈川県川崎市中原区新丸子東1丁目785)

 

ここは、1話で良一がみゆきを迎えに行くまでに時間をつぶしたり、6話でみゆきが友達にテストを見せたりする喫茶店としても使用されていました。

 

ちなみに、喫茶まりもには日吉店もありましたが、2017年12月に閉店したようです。

 

最終話撮影場所ロケ地・病院

いすみ医療センター

 

亜希子が運び込まれた病院は、いすみ医療センター

 

(住所:千葉県いすみ市苅谷1177番地)

 

良一が通院していた病院としても使用されていました。

 

最終話撮影場所ロケ地・図書館

図書館

 

みゆきが亜希子の手土産を作ったり、受験結果を確認したりしていた図書館は、神奈川工科大学の付属図書館

 

(住所:神奈川県厚木市下荻野1030)

 

大樹とみゆきが一緒に勉強する図書館としても使用されていました。

 

明るくディスプレイされている本は全部で約23万冊もあるそうです。

 

広く使用できる机に用意された座席数は約630席。

 

本の他にもDVDを鑑賞できる専用のブースや、グループで話し合いながら利用できる「Active Learning Room」があるようですよ。

 

また、この図書館のある神奈川工科大学は工学部、創造工学部、応用バイオ科学部、情報学部、看護学部の5学部が設置されています。

 

看護学部は2015年4月より新設されたそうです。

 

ドラマの中では、別々の高校に通うみゆきと大樹が利用しているため、おそらく区の図書館という設定だと思います。

 

こんなに綺麗な図書館なら勉強がはかどり、毎日通いたくなってしまいますね。

スポンサーリンク

 

最終話撮影場所ロケ地・2回目・国分館大学入試会場

 

2回目に受験していた国分館大学は、内観のみが使用されていましたが、ここの会場は特定ができませんでした。

 

しかし、ここの撮影地のみ、撮影地となった大学名が撮影協力地に記載されないのは考えにくいので、東京農工大学、東洋英和女学院、神奈川工科大学のいずれかの大学の講義室なのでないかと予想できます。

 

最終話撮影場所ロケ地・3回目・駒形大学入試会場

神奈川工科大学 講堂

 

3回目に受験していた駒形大学の撮影地は、神奈川工科大学 講堂

 

(住所: 神奈川県厚木市下荻野1030)

 

駒形大学としては内観のみが使用されていましたが、みゆきと大樹が利用している図書館や、武蔵学院大学の外観としても使用されました。

 

最終話撮影場所ロケ地・亜希子・みゆきが住む家

深沢パークハウス

 

1話からずっと住み続けていた亜希子とみゆきの住む家は、深沢パークハウス

 

(住所:東京都世田谷区深沢4丁目32-7)

 

外観のみが使用されています。

 

内観は、緑山スタジオシティ(住所:神奈川県横浜市青葉区緑山2100)。

 

9/15(土)放送の「王様のブランチ」では、義母と娘のブルース特集が放送され、亜希子とみゆきの家の中での撮影後の様子で、緑山スタジオとのテロップが出ていました。

 

最終話撮影場所ロケ地・家からの道

上府中公園

 

みゆきが亜希子に尾行されながら受験会場に向かったり、家を引き払ったあとに二人で歩き、みゆきが亜希子に名刺を差し出したりした場所は、上府中公園

 

(住所:神奈川県小田原市東大友113)

 

この公園はドラマで何度もみゆきの自転車の練習場所として登場していました。

 

1話で亜希子がみゆきと初めて会い、4話で良一が倒れてしまったのもこの公園でしたね。

 

最終話撮影場所ロケ地・4回目・武蔵学院大学入試会場

神奈川工科大学

 

4回目に受験した武蔵学院大学は、神奈川工科大学

 

(住所:神奈川県厚木市下荻野1030)

 

武蔵学院大学としては外観のみが使用されていましたが、みゆきと大樹が利用している図書館や駒形大学の入試会場の内観としても使用されていました。

 

内観は、東洋英和女学院大学(住所:神奈川県横浜市緑区三保町32)。

 

人間科学部には人間科学科、保育子ども学科があり、国際社会学部には国際社会学科、国際コミュニケーション学科が設置されています。

 

また、東洋英和女学院は幼稚園から大学院まで設置されています。

 

「赤毛のアン」を翻訳した村岡花子さんもこちらの学校の卒業生だそうですよ。

 

最終話撮影場所ロケ地・結婚式場

アーフェリーク白金

 

田口くんの結婚式場は、アーフェリーク白金

 

(住所:〒108-0071 東京都港区白金台4丁目19-19)

 

最終話撮影場所ロケ地・歩道橋

黎明歩道橋

 

みゆきと大樹が歩いていた歩道橋は、黎明歩道橋

 

(住所:神奈川県横浜市都筑区芽ヶ崎中央)

 

最寄りの駅「緑ヶ丘西駅」として使用されていた横浜市営地下鉄センター南近くにある歩道橋です。

 

最終話撮影場所ロケ地・下山不動産

株式会社大岡山運送

 

今まで住んでいた家を引き払いに訪れた下山不動産は、大岡山運送(住所:東京都大田区北千束1丁目39-1)。

 

大岡山北口商店街にある運送会社ですが既に閉業されていますので、その跡地をドラマの撮影として使用したのですね。

 

ちなみに、ドラマの中での住所は上千束3丁目2となっていたので、住所を少し似せているようですね。

 

最終話撮影場所ロケ地・スーパーマーケット

A-プライス高井戸店

 

亜希子がみゆき、矢野と訪れていたスーパーマーケットは、A-プライス高井戸店

 

(住所:東京都杉並区高井戸東4丁目13-1)

 

6話でも亜希子は矢野と一緒に訪れていました。

 

義母と娘のブルース最終話の撮影場所ロケ地をふりかえってみて!

義母と娘のブルース

 

今回の記事では、義母と娘のブルース最終話の撮影場所ロケ地を紹介していきました!

 

ついに最終回を迎えた義母と娘のブルース。

 

今回はみゆきがいくつも大学入試を受けていたので、たくさんの大学が撮影地として使用されていましたね。

 

また、大学入試の撮影ではエキストラもたくさん募集されていたようですよ。

 

1話から最終回まで様々な場所で撮影されていましたので、用事や旅行などで訪れた際には寄ってみることができると、また違う楽しみ方ができそうですね。

 

もう一度見たい!見逃した!という方のために・・・

義母と娘のブルースを見逃した!無料で動画を視聴できる方法を紹介!

 

それでは最後までありがとうございました!

スポンサーリンク