12月1日に放送される満天青空レストランでは、せきね農場の雪国アボカドを食材にしていますね!

 

なんと、せきね農場ではアボカドだけで40種類以上の品種を栽培しているというから驚き。

 

放送ではアボカドを食べ比べていますが、せきね農場の雪国アボカドはお取り寄せ通販をできるのでしょうか?

 

今回の記事では、そんな満天青空レストランで紹介されたアボカドの紹介や通販などを紹介していきます!

 

よければ最後まで見ていってくださいね♪

スポンサーリンク

 

満天青空レストラン登場!せきね農場の雪国アボカドとは

 

新潟生まれの国産アボカド、雪国アボカドの大きな特徴は3つ

  • 新潟の気候がアボカドを美味しく
  • アボカドの状態に合わせて収穫
  • 食べ比べてアボカドを楽しむ

順番に解説していきますね。

新潟の気候がアボカドを美味しく

 

雨はもちろん、風や寒さに弱いアボカドですが暖房機を着けたビニールハウスで栽培することによって、新潟でも栽培を可能にしたせきね農場。

 

一般的にはアボカドの栽培地と言えばメキシコの山間地が有名で、立地のおかげで夜は10℃、昼は25℃になります。

 

その恵まれた気温のおかげで、アボカドの最も大事な時期である10月~1月にすくすくと育っていくのですが、実は新潟でも10月になれば夜は10℃を下回るような寒さに。

 

さらに昼になれば、暖房機を回すことによってビニールハウス内の気温は30度ほどまで上昇。

 

結果、メキシコと同じような寒暖差を生み出すことが成功し良質な国産雪国アボカドを育てることに成功しました♪

アボカドの状態に合わせて収穫

 

アボカド以外にも言えることですが、一般的には収穫の時期になると全て収穫してしまいます。

 

ですが、アボカドというのは花の開花期間が長い関係で収穫の時期が変わっていて、味にかなりのバラつきが生じています。

 

そのためせきね農場では、1つ1つのアボカドの状態を見て収穫!

 

もちろんアボカド同士が痛まないように、ぶつからないように丁寧に収穫していて、大量生産は難しいものの常に最高のアボカドが私たちのもとに届きます。

食べ比べてアボカドを楽しむ

 

実は、私たちが何気なくスーパーマーケットで購入しているアボカドはハスと言われる品種だけ。

 

つまりアボカドの魅力を、ほんの少ししか知らないわけです。

 

前述したように、せきね農場の雪国アボカドは40種類以上の品種を栽培していて、それぞれの個性や状態などに合わせて収穫しています。

 

そのため雪国アボカドを購入した方は、数種類のアボカドを食べ比べて、さらにアボカドの魅力を知ることができます。

 

美味しいだけでなく、美容効果も非常に期待できるアボカドを食べ比べできるなんて非常に贅沢で嬉しいですよね♪

スポンサーリンク

 

せきね農場の雪国アボカドのお取り寄せ通販は?

 

では、そんなせきね農場の雪国アボカドのお取り寄せ通販はあるのでしょうか?

 

調べてみたところ、公式サイトで購入可能だったのでリンクを載せておきますね!

 

雪国アボカドお取り寄せ通販>>せきね農場

 

取り扱っているセットは以下の通り。

  • 雪国アボカドセット
  • 品種
  • ハス・ズタノ・ベーコン
  • 内容量:1㎏
  • 送料:無料
  • 価格:5,400円(税込み)
  • 雪国アボカドセット
  • 品種
  • フェルテ・ズタノ・ベーコン
  • 内容量:1㎏
  • 送料:無料
  • 価格:5,400円(税込み)

 

今回で7回目の販売となる雪国アボカド。

 

ちなみに販売開始は11月30日の金曜日からとなります。

 

毎年大人気の雪国アボカドなので、気になる方はお早めに!

 

満天青空レストランで放送したアボカドのレシピは?

 

満天青空レストランで放送されたアボカドのレシピはどうなっているのでしょうか?

 

詳しい料理に関しては、放送後追記していきます!

 

満天青空レストランの雪国アボカドせきね農場のお取り寄せ購入方法をふりかえってみて!

満天青空レストラン

 

今回の記事では、満天青空レストランで紹介されたせきね農場の雪国アボカドを紹介していきました!

 

簡単にまとめてみると…

簡単なまとめ!
  • 雪国アボカドとは新潟生まれの国産アボカドのこと
  • 新潟の気候がアボカドを美味しく
  • 状態に合わせて収穫
  • 食べ比べてアボカドを楽しむ
  • お取り寄せ通販は公式サイトから購入可能

 

毎年大人気の雪国アボカド。

 

今回の満天青空レストラン放送直後に売り切れになる可能があるので、まだ取り扱っていたら早めに購入してくださいね。

 

それでは最後までありがとうございました!

スポンサーリンク